カラコン入れたら写真で自慢!いつもと違う瞳が映えるシチュエーション別写真の撮り方。

アップで写真を撮影する時には

いつもと違う瞳に見えるカラコンは、写真撮影を楽しみたい時にも最適なアイテムです。アップの写真を撮影したいと考える時は、着色直径が大きすぎず色合いもナチュラルな縁無しカラコンがおすすめです。瞳の状態までしっかりと映るアップの写真の場合、極端に黒目が大きくなっていたり黒目のふちがはっきりしすぎていると違和感を与えてしまいます。そのため、少しでも印象の良い写真を撮影したいのであれば、自然なカラコンを選んでおく方が良いでしょう。ハーフ顔になることができるタイプや模様が美しいタイプでも、黒目が大きくなりすぎないタイプを選ぶことで、印象的な写真に仕上げることができます。アップの場合は、瞳まで綺麗に映ることを意識してカラコン選びをすることがおすすめです。

美しい景色と一緒に撮影する時は

美しい自然や建物など、風景も一緒に撮影する場合は着色直径が大きめのカラコンを選んでおくのも良いでしょう。写真の撮影の仕方は人によって異なりますが、人物を極端にアップにしない場合、瞳の状態までは見えない写真となります。この時に大切になるのが、黒目と白の比率です。アップの場合、黒目が極端に大きいと違和感を与える原因となりますが少し離れて見ると黒目がちの可愛い目に変わることがあります。そのため、アップをあまり撮影しないのであれば、黒目がちになるタイプのカラコンを選んでみると良いでしょう。離れて撮影をしても、目の色は綺麗に出ることが多いので、元々の瞳の色やその時の髪の毛の色に合わせておくことがおすすめです。