カラコンつけたいけど、視力矯正していてもつけられるの?素朴な疑問はここで解決!

カラコンには度ありと度なしが

目の印象を変えることができるアイテムとして、人気になっているのがカラコンです。すっぴん風メイクでもナチュラルメイクでも印象的な目元を保てるため、カラコンが手放せない状態になっている人は少なくありません。そんなカラコンには、度ありのものと度なしのものがあります。普段は眼鏡やコンタクトレンズで視力矯正をしているという人は、度ありカラコンを選べば矯正視力に影響を与えることなく、目元の印象を変えることができます。度ありカラコンだからといって、販売価格が極端に割高になることはありません。度なしと同じ値段か、やや高い程度ということがほとんどのため、視力矯正が必要な人でも気軽に購入することができるようになっています。

度ありカラコンを購入する時には

度ありカラコンを購入する時に、まずしておきたいのが眼科で検査を受けて処方箋を貰うことです。処方箋なしで購入できるカラコンも多くありますが、安心して使うことができるカラコンを選ぶためにはベースカーブや正しい度数を把握しておくことが大切です。日常的にコンタクトレンズを使用している人でも、前回の検査から期間があいているのであればカラコン購入前に検査を受けておく方が良いでしょう。そして、カラコンを購入した時にはまず説明書をしっかりと読み、装用時間などを確認しておく必要があります。書かれている時間以上、使い続けるとトラブルが起きる原因となってしまいます。そのため、カラコンを使う時には正しい使い方を意識しておくことが大切です。